Vado per la mia strada

2017年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年08月
TOPスポンサー広告 ≫ 「自然が奏でる美 韓国の化粧文化」 東京展TOP未分類 ≫ 「自然が奏でる美 韓国の化粧文化」 東京展

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

「自然が奏でる美 韓国の化粧文化」 東京展

韓国旅行から帰ってきて以来、時間がなく行かれずにいた
「自然が奏でる美 韓国の化粧文化」展
四ツ谷にある韓国文化院で見てきました。

coreana3

三国(百済)時代、高麗時代、朝鮮時代
それぞれの時代の化粧容器、道具、装身具などが約140点展示されていました。
昔も今も女性が美しくなりたいという気持ちは変わらないのですね

展示を拝見した後は、韓国の伝統化粧方法を体験させていただきました。
本来は午後からの体験イベントだそうですが
受付の方が特別に体験させてくださいました。

体験は鳳仙花での爪染め、伝統香油作り、緑豆を使った天然石鹸作りでした。
まず、鳳仙花で爪を染めていただいている間に
好きな香りとオイルを選んで、オリジナルの香油を作ります。

coreana2


coreana1

私は姿人という白檀や朝鮮人参の香りと、米ぬかオイルを選びました。
白檀と人参の香りは、心を静め安定感を与える効果があり
また米ぬかオイルは老化防止の効果があるそうですよ。

緑豆は石臼でひいて粉にしました。

coreana4

この粉はクレンジングに混ぜたり、パックにしても良いそうです。

さて、鳳仙花で染めた爪ですが
紅く染まるのだと思っていたところ、オレンジ色に染まりました。

coreana5

私の醜い指で申し訳ありません^^;;
韓国では昔から、鳳仙花で爪を染めて
初雪が降るまで、その染めた色が残っていれば
恋が実るという言い伝えがあるそうです。
なんだかロマンチックですね。

私は、もともとマニキュアが似合う爪ではありませんし
マニキュアを塗ると、爪が息苦しい様な気がして(笑)
マニキュアは滅多に塗りませんが
自然な鳳仙花の汁で染めるのでしたらいいかもしれませんね。
ただマニキュアと違い、除光液では取れませんので
爪がのびるまで、色が取れないのが難点でしょうか…。
私の爪も、親指だけしばらくこのままです。


スポンサーサイト

Comment

編集
アニョハセヨ~^^
“爪のおまじない”体験されたのですね!韓国映画「スキャンダル」でその場面を見た事があります。
いいなぁ~やってみたいです、恋が叶うかどうか・・・(笑)
遅ればせながら、グローバルソウルメイト任命おめでとうございます!
新しい情報、楽しみにしています!!
2014年06月11日(Wed) 18:48
wineさま
編集
wineさま

コメント、ありがとうございます。
私も「スキャンダル」や他の時代劇などで
爪を染めている場面を見た事があります。
現在でもこの方法で染めている方がいらっしゃるそうですよ。
韓国のDAISOなどで、爪を染めるための
鳳仙花の粉が手に入るそうですので
ぜひぜひ、お試しくださいませ^^
私の恋は実るかしら…?(爆)

グローバルソウルメイト、私の様な者でよろしいのでしょうかね…^^;;
名に恥じないよう、頑張りますので
これからも、どうぞよろしくお願いします。
2014年06月12日(Thu) 05:04












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。